会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ショップ紹介

ライフプロポーションセンターです!
現代の私たちの暮らしの回りには便利な道具や、素早く食べられるグルメ食品が溢れ、それらが簡単に手に入れられる時代となっています。 便利でないものや、素早く食べれないものを、私たちは何処に置いてきたのでしょうか? 何処か遠い記憶の中や、身体の奥底に忘れかけている大切な物を自然と向き合うことで思い出してほしい。 昔あたり前のようにしてきた、自然とともに暮らすこと。 便利さを追い求めてきた私たちが、ふと昔のような暮らしを求めてみても、 それはいつの間にか叶えられない“理想”になりつつあります。 ライフプロポーションセンターが考える 『人の暮らしに自然の視点』 を。
フリーページ
rss atom
ホーム 暮らしの雑貨 陶器のバードフィーダー
陶器のバードフィーダー


  



生命がみなぎる庭!


【冬】木枯らしが吹いて、木々の葉っぱが舞い散るこの時期、あなたのすぐ 側に自然の驚異といとしさが新しく繰り広げられていることをお気づきですか。この時期は、野鳥たちが最も多く私たちの近くにやってき て、元気いっぱいに鳴きだす時です。餌を求めて山から下りてきます。さあ、窓の向こうに彼らの営みが見える庭をつくろう。


■この時期に私たちの側近くに飛び交っている野鳥たち!


  


■陶器のバードハウスの里(窯元)

■製作者・前川幸生(陶芸作家)

■陶歴:1941年、京都に生まれる

■1962年、信楽・加藤草雲の元に師事

この間、三澤覚造氏に視知覚造形を学び、朝日陶芸展、中日国際陶芸展、日本(毎日)陶芸展、現代工芸展にて賞を受ける。その作品はヨーロッパの美術館にも展示・保存されている。

■1977年、信楽町・神野の里に「幸生窯」を開き現在に至る。

陶都・信楽町のほとんど三重県との県境にある雑木林の中に職住一体で、窯を開いて30年。雑木林の中で日々鳴きかう野鳥たちの営みの下で製作にはげんでいる。日常つくられる動物のオブジェは、独特の造形感覚のもとに狸をはじめ多岐に渡り、地元の卸商社の手で全国に送り出されている。その独特の動物オブジェに魅かれ、作者をたずねて遠くは北海道や九州から、この雑木林へおとずれてくる熱烈なファンがいる。 陶器で作ったマイ・ガーデンセットは、四季を通じて、前川幸生の頭上を飛び交い、さえずる野鳥たちへの感謝の気持ちから、奈良のベテラン探鳥家・山縣正幸氏の指導のもと1年半ほどの試作と実験・実証を重ねて完成させた。今後さらに野鳥たちとの交流を通じて、新しい道具を模索中である。


 写真左より ⇒ 雑木林へ分け入る ⇒ 職住一体の窯元 ⇒ バードフィーダー ⇒ 制作する前川幸生氏

   

■陶器のバードフィーダーの特徴


1.吊り下げる(据え置きも可能)ので、揺れるため大きな野鳥は寄りつきません。小さな野鳥(シジュウカラ、ヤマガラ)向きです。

2.2つの給餌口からヒマワリの種がすこしづつ出てきます。



■陶器のバードフィーダーの組み立て方


 1.シュロヒモ(2m)の両端を屋根の2ヶ所の穴に通す。



 2.屋根を通したシュロヒモを本体の外にある穴起の穴に通して、

   引っ張ってもはずれないように固くダンゴに結ぶ。



 3.屋根を本体に下ろし、ガタツキをなくす。



 4.木の枝にシュロヒモを架けて水平にする。

(注)・ ヒマワリの種を屋根を開いて入れるので、人の足元が安定している

     場所を選んでください。

   ・ バードハウスから離れた場所を選んでください。

   ・ シュロヒモの耐久性は2〜3年と思われますので、

     ホームセンターなどで買って取り替えることをおすすめします。



●陶器のバードフィーダー

 ●サイズ:本体高さ約19.5×Ф約7.8cm 最大幅約6.5 重量約1040g

 ●サイズ:屋根高さ約13.5 重量約210g

 ●原材料:本体:陶土、釉薬 付属品:しゅろひも2m×1

 ●製造:滋賀県

 

・ 型番
aac511700
・ 定価
4,860円(税360円)
・ 販売価格

4,860円(税360円)