会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ショップ紹介

ライフプロポーションセンターです!
現代の私たちの暮らしの回りには便利な道具や、素早く食べられるグルメ食品が溢れ、それらが簡単に手に入れられる時代となっています。 便利でないものや、素早く食べれないものを、私たちは何処に置いてきたのでしょうか? 何処か遠い記憶の中や、身体の奥底に忘れかけている大切な物を自然と向き合うことで思い出してほしい。 昔あたり前のようにしてきた、自然とともに暮らすこと。 便利さを追い求めてきた私たちが、ふと昔のような暮らしを求めてみても、 それはいつの間にか叶えられない“理想”になりつつあります。 ライフプロポーションセンターが考える 『人の暮らしに自然の視点』 を。
フリーページ
rss atom
ホーム 飲料・お茶 飲む酢 酢飲 生姜
飲む酢 酢飲 生姜



お酢屋さんが時間と手間をかけてじっくり製造 した
本物のお酢をお楽しみください。


福岡県南部のいちご農家さんが育てたあまおうを使用しています。
大人気!生姜味の飲むお酢です。 女性に嬉しいコラーゲン入りです。
生姜は国産のものを使用しています。 冷水又は炭酸水で4倍から
5倍に薄めてお飲み下さい。 冬はホットでも美味しく召し上がれます。

■【福岡県のお酢屋さん庄分酢さんのメッセージ】

酒造りに適した水の豊かな郷として知られる大川・城島。 庄分酢は、
三世紀半もの昔この地に芽生えました。 酒造りを始めたのが、
二代目高橋四朗兵衛。 その技術を元に四代目高橋清右衛門が酢造
りをはじめました。 秘伝の書に記された酢造りの手法を守って、十四代。
その味と信頼は今も大切に引き継がれています。 仕込みから熟成、
そして瓶につめてご家庭にお届けするまで 昔ながらの手法でひとつ、
ひとつ進められていく庄分酢の酢造り。 ここに集まった職人は、誇りと
愛情を持って酢造りに取り組む 庄分酢の匠たちです。 手にふれて、
感じて、美味しさを引き出す。 本物の手造りの味が、ここにあります。

■酢づくりへのこだわり

「いいものはかわらない。変えてはいけない。」 江戸時代初期にあたる
寛永元年(1624)、 高橋家の初代清右衛門は、筑後国久留米藩の
港町大川・榎津に移り住み、二代四郎兵衛が造り 酒屋を興しました。
筑後川の水に恵まれ、豊かな 大地を持つ筑後国は米どころ、米どころ
はまた 美酒の産地、酢は酒の発酵からう
まれるもの。 その自然な流れに沿うように、四代清右衛門が 酢造商い
を始めました。それが「庄分酢」の 始まりであり、以来三百年、酢屋を営んでいます。


■昔ながらの酢づくり(静置発酵法)

庄分酢では、一年中純米酢や醸造酢などの食酢を 醸造しています。
その製法は発酵や熟成に時 間をかけた丁寧なものです。 二十石の
木樽 や発酵槽に入れられゆっくりと時を過ごします。 酸の発酵ガスが
金属を腐食させるため木桶や蔵の 造りには金属の使用を極力控えて
います。 酢職人たちは菌を見守り、微生物の働きを促してやります。
冷え込みが厳しければ布団を被せるように木桶にむしろを巻いてやり、
蔵の戸を開けます。絶えず「酢の成長」を気にかけているのです。

■決して急がない、目先にとらわれない

蔵の中には「蔵付き菌」と呼ばれる菌がすみ着いています。 その菌が酢を
育てまろやかな味を醸すのです。 蔵発酵、タンク貯蔵を経て、薄い琥珀色
の落ち着い た酸味と香りを持つ酢となります。 速醸酢に比べるとはるか
に時間も手間もかかりますが 、それでもこの方法を300年変えていません。
もちろん 温度管理などには現代の技術も導入していますが基本的 な酢
造りの製法は昔ながら。急いで造ればいいとは 決して思わないからです。


商品説明
名称 飲む酢 酢飲 生姜
産地名国産
内容量 200ml
保存方法製造日より540日
原材料砂糖、米酢、生姜、はちみつ、フィッシュコラーゲンペプチド(ゼラチン)
販売者株式会社ライフプロポーションセンター
0743-72-6870

・ 型番
aab911025
・ 販売価格

1,080円(税80円)

・ 購入数