会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ショップ紹介

ライフプロポーションセンターです!
現代の私たちの暮らしの回りには便利な道具や、素早く食べられるグルメ食品が溢れ、それらが簡単に手に入れられる時代となっています。 便利でないものや、素早く食べれないものを、私たちは何処に置いてきたのでしょうか? 何処か遠い記憶の中や、身体の奥底に忘れかけている大切な物を自然と向き合うことで思い出してほしい。 昔あたり前のようにしてきた、自然とともに暮らすこと。 便利さを追い求めてきた私たちが、ふと昔のような暮らしを求めてみても、 それはいつの間にか叶えられない“理想”になりつつあります。 ライフプロポーションセンターが考える 『人の暮らしに自然の視点』 を。
フリーページ
rss atom
ホーム 暮らしの雑貨 さくらの洗濯板(小)
さくらの洗濯板(小)


そんな時に活躍してくれるのが、この昔懐かしい日本古来の洗濯板。 自然木の中でも特に水に強く、反りにくいと言われている、高知県で育ったホンザクラの一枚板で仕上げました。生地が傷まないように、表面の溝を並行ではなく、下にカーブさせ波型にしているのが特徴。洗濯機で落ちにくい頑固な汚れが、波型のカーブのおかげで落ちやすく、布も傷みにくい。また、表面は滑らかで、手が痛くなることもない。コンパクトなサイズなので、台所やお風呂に置いておくと重宝。毎日の下着をお風呂でササッと洗えば洗濯機の使用回数も減り、電気代の節約と地球環境に優しくできます。


■さくらの洗濯板の構造

  ● 水に強く、反り返えりにくいサクラの一枚板。

  ● 職人の手によるカーブで、生地が傷みにくい。

  ● お風呂の残り湯でササッと洗濯。

  ● 邪魔にならないミニサイズ。

  ● 洗濯板には穴が空いているので、ちょっとした場所に掛けて収納。

  ● 大・小のサイズがあり、用途にあわせて使い分け。



■洗濯板の使い方

 ■用意する物

  ・洗濯板

  ・洗面器

  ・洗濯物

  ・石鹸



 1.洗面器に水と洗濯物を入れ、中央に

     洗濯板を入れ手前は洗面器の溝に掛ける。

    (斜めになる)



 2.洗濯板に汚れ部分の布を広げ、

     石けんをサッと擦りつける。



 3.左手で洗濯板を固定し、

     右手で布と布を揉み込むようにゴシゴシと

     板にこすりつけながら洗い、すすぐ。



 ※実際に使ってみると、もみ洗いよりも簡単に汚れが落ちる。

  リズミカルに手を動かして洗うのが新鮮で、楽しい気分に!何より電気代もかからない。

  使用後、洗濯板は水気をきって乾かす。


●さくらの洗濯板(小)

 ●サイズ:(約)12×26×1.5cm  ●材質:天然木(ほん桜)、製造:高知県



・ 型番
aac023900
・ 定価
1,296円(税96円)
・ 販売価格

1,296円(税96円)

この商品を買った人はこんな商品も買ってます